« 龍王石の硬度上昇作用 | メイン | レッドフィンレッドノーズ追加 »

2008年12月14日

75cm水槽プチリセットへの道・その7(最終回) 本命生体導入!

本命生体をようやく見つけて導入しましたので今回でプチリセットの記事も一応最終回といたします。

前回の記事で生体についてのヒントを書いたわけですが、まぁ1人か2人ぐらいには当てられちゃうかなぁと思っていたら、さすが皆さん、結構な数の方に当てられちゃいましたね(苦笑)。

え?この白メダカは何かって?(苦笑)
ま、まぁ、そうですよね・・・。

えと、この今回の水槽における本命生体の名前は「レッドフィン・レッドノーズ」です。

最初にこの魚を見たのはちょうど約1年前の2007年11月発売のアクアジャーナルvol.146のp.34〜p.37のレッドフィンレッドノーズの写真でした。
これにズッギューンときたわけですw。
ただこの魚は高硬度かつやや高めのpHでないとなかなかいい色が出ないということでしたので、その当時の水槽では難しいかなぁということで保留してました。
そして今回、満を持して石で高硬度を維持する水景を作って導入と相成ったわけです。
そう、龍王石を使ったのはこの生体を入れたかったからだったんですよ。

ただ、他にもレッドフィンレッドノーズの写真を色々探したんですが、とにかく写真の数が少ない上に、他にいい色が出ている写真がまったくないんですよ。
けっこう難易度が高いのかもしれません。
あと、売っている時にショップで色が悪すぎるので目立たなくて売れなさそうなのも、あんまり飼っている方がいない要因かもしれませんね(苦笑)。
ただ逆にいうと、これから徐々にうまく色が出てくるかどうかを見るのも大きな楽しみといえます。

今回は新宿のアクアフォレストさんでようやく見つけました。

おまけでADAのカレンダーももらっちゃいました。
他の方の持っているものと比較して気が付いたんですが、写真の下に店名の広告が付いてる部分が市販品と違う点みたいですね。

あともう一個・・・。

前から水槽に入れたかった水草「アヌビアス・ナナ・プチ」を導入してみました。
「ナナ」っていう名前だけでも可愛いのに、さらにこれに「プチ」が付いたら無敵の可愛さですよね〜(笑)。
けっこう名前って大事だと思うんですよね。
かっこいいものとしては「アルアナの夕焼け」っていう名前の水草あるじゃないですか。あれ、かなり名前で得してると思いませんか?wものすごい名前の印象残るし。

さて、そういうわけでようやく本命の生体が仲間入りして、現在の全体の水景は下の写真のようになりました。
微妙に石の向きを変えたり、石を4個ほど取り除いたりして少し前と変わってます。
水草の伸びは全然まだまだです。

で、現在レッドフィン・レッドノーズを導入してから1週間が経過しました。

実はこの魚、オスとメスだと全然色の出方が違うんですよ。
最初買った時は判別が非常に難しかったのですが、1週間経過してだいぶ明らかになってきました。

上の写真がオスです。
いくらか頭の部分としっぽの部分が赤くなってきてますよね。
餌への食い付きもけっこういいです。
なお現在の水質はpH 7.0、GH(総硬度)7.0 dHです。
なんとかうちの水質にも馴染んでくれてきているみたいで一安心です。
頭としっぽが赤くなることに追加して、オスの特徴は体色がやや水色がかっているんですよ。
きっともっとこれから赤色も水色も濃くなってきてくれるはずです。

一方、上の写真がメスです。
う〜む、やっぱりメダカみたい(苦笑)。
まったく色の変化はナシです。
今回とりあえず10匹ちょいを仲間入りさせてみたのですが、現在間違いなくオスと思われる個体は3匹しかいません(泣)。
運が悪かったのかもしれません・・・。

実は明日、ちょっと遠出をして別のショップにレッドフィンレッドノーズを買いに行き、さらに個体数を増やす予定です。

早く綺麗な赤色が出た群れを見たいですね〜。

投稿者 38brain : 2008年12月14日 06:48

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.aquamindlaboratory.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/261

コメント

おはようございます(=゚ω゚)ノ

あ、このお魚・・・
先週奥沢のお店で見かけました。
とても鼻が真っ赤でボディはシルバーでした。
なんでもミャンマーの硬度が高い湖に生息しているそうで。
お店のブログで特集(?)が組まれていましたので、ちょっとペタリと貼り付けておきますね。
ttp://www.suikeikobo.com/blog/2008/12/doaqua-foodgrass-fishfood-set.html

もうお出かけ先は決まっているのかな?

投稿者 きのこ : 2008年12月14日 08:25

繁殖においては、♂:♀=1:2が理想らしいです。
ハムスターやカブトムシの話ですが・・・
おそらく、熱帯魚も同じでしょうw
ということで、繁殖を目指してみてはいかがでしょうかwww

投稿者 maleeni : 2008年12月14日 10:11

図らずも硬度の高いうちの水槽にぴったりだ、とか思いました(笑)
ノリックさんの写真、もんのすげーキレイです!
外部フラッシュとかも使ってるのかな。じっくり読ませてもらいます。

お店でオスメス判別できないとするとくじみたいなものですね。
いろいろお店巡りできる楽しみができたということでいいじゃないですか(笑)

投稿者 teruki1997 : 2008年12月14日 10:27

レッドフィンレッドノーズって初めて見ました。
ラミーノーズみたいになるのかと思っていたら、
飼いこむと体はブルーになるんですね?。
すごくきれいです。
水槽に馴染んで色が変わってくるのは楽しいですよね。

投稿者 みー : 2008年12月14日 11:11

こんにちは。
AJで見るレッドフィンレッドノーズって綺麗ですよね。
私も欲しいと思ってショップに行きますが、今まであまり入荷が無いので
店員さんに聞いたら、問屋さんで色のいい個体がほとんど居ないために
あまり仕入れしていないとのこと。
それとオスしか売れないのだとか・・・(-"-;)
38brain さんの水槽で綺麗な色に仕上がるといいですね^^

投稿者 ZERO-FACT : 2008年12月14日 12:10

前お話しさせていただいたのですが
相互リンクの件どうなりましたかね?

投稿者 kotetudayolo : 2008年12月14日 12:43

はじめまして・・・
今回ご紹介いただきありがとうございます。

レッドフィン・レッドノーズもそうですがコイ科全般にはソイルがお勧めです。コイ科は他とは違いストレスや環境の色合いによって色が出たり出なかったりと色上げ待ちに苦労するお魚でもあります。水槽内の環境を暗めにしてライトで明るくしてあげれば色を落とすことは少ないと思います。

またソイルであれば水質などに気をつかなくても済みます。私のブログでご覧になったレッドフィン・レッドノーズは依頼用に来た個体ですが約1年生きました。落ちるその時まで痩せはしましたが色は落ちませんでした。

コイ科はコントロソイルに限ります。

今回ご紹介していただいたお礼として私のブログ内でも取り上げさせていただきましたので後ほどご確認ください。

今後とも宜しくお願い致します…ありがとう。

投稿者 ノリック : 2008年12月14日 19:34

こんばんわ。

最近よく行くショップでレッドフィンレッドノーズを見ましたがやはり販売水槽のようなところでは真っ白でした。
レイアウト水槽で飼い込まないと難しいのかもしれないですね。

♂:♀=3:7ですか。男としてはハーレム状態(笑)でも見てるほうとしては♂多目の方が良いんですよねえ。

投稿者 u-cube : 2008年12月14日 22:12

レッドフィンレッドノーズ...
綺麗なお魚みたいなんですが、近所の店だと全然赤くないんですよね?
そのせいで売れ行き悪かったのか、最近は入荷してないです^^;
しかしメス地味ですね?
多少なりとも赤みがかったりしないんですかね。
あっ、うちにはホンモノの真っ白なメダカがいます(笑
背中側は光を反射するヒカリメダカなので
これはこれで中々綺麗です。

投稿者 ark : 2008年12月14日 23:56

どもども!
忘年会のお知らせはまだかな?と思って寄ってみました。

いつの間にかメダカに手を出してたんですね?。
まるでレッドフィン・レッドノーズみたいなメダカです。
珍種かな??

ところで・・・
もしかしてお誕生日だったって感じですか?
お祝いしなくてすみません。
今度、オレにリボンつけてお邪魔します。
どうか受け取ってください(はぁと)。

投稿者 おまつ : 2008年12月15日 00:54

とってもキレイで透明感のある魚ですね!
白い砂にこの透明感は、夏の暑さを忘れさせてくれそうですね。

と、コメント書いてる時にADAの水槽キター!!!!!1

投稿者 AGI : 2008年12月15日 11:49

レッドフィンレッドノーズ、当たりました^^
AJで龍王石組の時に写っていた写真にときめいた人は多いと思います。
しっかしノリックさんのところの写真は素晴らしかったです。
ボクもご挨拶に伺ってきました。
・・・ってことで、レッドフィンレッドノーズのためには、ソフナイザーで硬度を下げない方がいいんですね、38さん^^

投稿者 Aqua-synd : 2008年12月15日 17:29

本当に始め写真を見た時は白めだかと思いました。
僕は魚の事が全然わからないのですが、
この魚も繁殖可能なのでしょうか?

PS:ボルビはトリミングのおかげで
結構葉が大きくなってきました^^
本当にありがとうございまし^-^!

投稿者 KAZ : 2008年12月15日 17:37

>きのこさん
あ、水景工房さんですね。
ホームページはチェックしてました(電話もしたんですけどね)。
前はレッドフィンレッドノーズがいなかったのであきらめましたが、一度行ってみたいお店だったんですよねぇ。
エコバックがちょっと欲しかったりしてますw

>maleeniさん
なるほど。って、ハムスターとかカブトムシの話かいなw
でも実験用マウスを飼う時もメスの方を多く入れますよ。まぁ、オスは少なくてもメスがガンガン子供生んでくれるのでオスの数を増やす必要がないってだけですけど(笑)。

>teruki1997さん
うん、teruki1997さんのところは硬度が高めなので、色々水草でも育ちやすいやつもきっとありますよ。
でも育ちにくい方が多いかもしれないけど(苦笑)。

>みーさん
探している時はなかなかみつからないので、もうラミーノーズでいいかなぁとか思ったりしてましたw
ラミーノーズの方が綺麗に赤くなりやすいですよね〜。

>ZERO-FACTさん
これは間違いなくオスばかり売れちゃうでしょうねぇ、ある意味ショップ泣かせの魚かもしれません(苦笑)。
ショップで見た目をよくするのはなかなか難しそうですし、だからあんまりいないんでしょうねぇ。

>kotetudayoloさん
あはは、お待たせして失礼しました。

>ノリックさん
確かに水草・魚全般にソイル(特に今回は極端に酸性に偏らないタイプの)の方が育成には適しているのでしょうけど、今回はあえて化粧砂だけで見た目を明るくしたかったので、このような状態としてみました。
ソイルと底砂が混じるのが嫌いで掃除が面倒なだけですけどね(笑)。
綺麗な写真、非常に感動しました。ありがとうございました。

>u-cubeさん
やっぱりショップだとなかなか綺麗な個体いませんよねぇ。
ハーレム、この状態が自分だったら言うことナシなんですけどねww

>arkさん
やっぱりどこのショップも同じような事情なんですね〜。
あはは、メダカも好きですよ。でも今回は最初から赤くなることを期待して買った魚なのでやはりメダカのような色だとショボーンですw。

>おまつさん
隠れキャラのように時々いいタイミングで登場しますねw
忘年会、企画してくださいよ〜、っていうかもう間に合わないかw
そのプレゼントは受け取り拒否and転送させていただきます(笑)

>AGIさん
確かにこの水景は夏向きかも。
今はちょっと寒いですw
new水槽いいなぁ〜。やっぱり透明ですか?

>Aqua-syndさん
ふふふ、当てられてしまいました。
ソフナイザーは面倒なのと高価なので一生お世話になることはないと思いますw

>KAZさん
ええ、そりゃメダカに見えますよね〜。
繁殖はどうなんでしょう。混泳水槽だとなかなか繁殖って難しいですよねぇ。
ボルビはトリミングで葉を小さくするのが目的だったような・・・(苦笑)。

投稿者 38brain : 2008年12月21日 14:18

コメント記入




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)