• 当店のコンセプト環境保護への取り組みお問い合わせ

  • aquamind laboratory アクアマインドラボラトリー


    HOME > Q&A(よくあるご質問とお答え)




    Q1:水質を測定する意味とは何ですか?
    Q2:試薬に使用期限はありますか?
    Q3:色の判別の仕方で一番いい方法はなんですか?
    Q4:海水や水槽以外の水なども測定することができますか?
    Q5:時間が経ったらpH測定試薬の色が変わったのですが、どの段階での測定結果が正しいのですか?
    Q6:GH assay kitとKH assay kitの試薬B液は最初の1滴目から数えるのですか?
    Q7:GH assay kitまたはKH assay kitの試薬Bを入れた1滴目で色が変わったのですが、この時のGHまたはKHの値はいくつになりますか?
    Q8:時間が経ったらNO3(硝酸塩)測定試薬の色が変わったのですが、どの段階の結果が正しいのですか?
    Q9:NO3(硝酸塩)測定試薬でNO2(亜硝酸塩)も測定できるそうですが、その方法を教えてもらえますか?
    Q10:試薬が手についてしまったのですが、問題ないですか?
    Q11:試薬の中身の詳細を教えてもらうことはできますか?
    Q12:factory style aqua製のOFPを修理することはできますか?
    Q13:新商品(アンモニア測定試薬など)の販売予定はありますか?
    Q14:在庫切れと表示されますが販売再開の予定はいつですか?
    Q15:単品売りされていない試薬を個別に売ってもらえますか?
    Q16:送料はいくつ買っても同じなのですか?
    Q17:直接手渡しで受け取ることは可能ですか?
    Q18:荷物の到着日指定はできますか?
    Q19:領収書を付けてもらうことはできますか?
    Q20:まとめて多数購入したら割引はありますか?
    Q21:購入前または購入後にポイント会員になることはできますか?
    Q22:ポイント会員のIDとパスワードを忘れたのですが教えてもらえますか?
    Q23:アクア関連の販売業者なのですが、卸売りはしてもらえますか?
    Q24:白衣娘について教えてください。

    _



    Q1:水質を測定する意味とは何ですか?

    水槽内の水質を科学的に目に見える値として知ることです。
    アクアリウムの世界では経験の積み重ねによって水槽内の環境を理想の正常の状態に保つことができるようになることも事実ではあります。
    魚や水草の状態、水の色などから判断できることも大いにあります。
    しかしながら、それはあくまでも値としては測れない経験則に基づく心証的判断でしかないとも言えます。
    アクアリウムを始めたばかりの初心者から初級者の方はもちろんのこと、ある程度アクアリウムを経験した方にとっても、科学的に水質を測定することは、確固たる裏取りとなるデータを得られることとなり、メリットとなることはあってもデメリットになることはないと考えられます。
    主に水質を測定するメリットあるいは必要性があると考えられる場合は以下の3つの場合です。

    1.水槽立ち上げ時
    完全に新規に立ち上げた場合は、水槽内には魚にとって毒性物質となるアンモニアを代謝(分解)してくれるバクテリアがまだ存在しません。
    濾過システムを回し始め、一定の時間が経過すると、バクテリアが住み始め、アンモニアやNO2(亜硝酸塩)などの毒性物質を代謝してくれるようになり、安心して魚を増やして入れることができるようになります。この状態を俗に濾過システムが出来上がった、と言います。
    この濾過システムの立ち上がりを、水質を科学的に測定することで確実に確認することができます。
    ある程度のアクアリストに慣れている方はご存じだとは思いますが、もう少し詳しく言うと、一番最初の状態では、アンモニア、NO2(亜硝酸塩)、NO3(硝酸塩)は全てほとんど検出されません。
    徐々に水が出来上がってくると、まず最初にアンモニアが検出されるようになります(一部のソイル(底砂)を使用している場合でかなり最初期からアンモニアが高濃度で検出される場合もあります)。この初期には、わりと環境の変化に強い個体の魚を数匹入れておくと立ち上がりが早くなります。魚の排泄物からアンモニアが発生するためです。
    アンモニアは魚には毒性が強いため、多くの魚をこの段階で入れることは避ける必要があります。
    アンモニアが存在する環境下では、しばらく経つとアンモニアを分解するバクテリア(ニトロソモナスと言います)が濾過槽内に住み始めます。
    アンモニアを代謝(他の物質に変えること)するバクテリアは、アンモニアをNO2(亜硝酸塩)というものに変えてくれます。しかし、このNO2もまだ魚にとって少し毒性があります。 さらにしばらく経過すると、今度はNO2を代謝するバクテリア(ニトロスピラと言います)が濾過槽内に住み始めます。
    このNO2を代謝するバクテリアは、亜硝酸塩を硝酸塩というものに変えてくれます。硝酸塩は魚に取っての毒性が弱く、アンモニアと亜硝酸塩がほとんどなくなったこの段階で、ようやく魚を追加していく環境が出来上がったと言えるようになります。
    その濾過システムの立ち上がりを水質を測定することで確認できます。具体的には、アンモニア(当店ではまだ未販売ですが)・亜硝酸塩・硝酸塩の3種を測定することで、アンモニアおよび亜硝酸塩がほぼ0で、硝酸塩のみ検出されるようになった時、濾過システムが立ち上がったことが確認できます。
    流れとしては、下の図のようになります。

    上の図の右端のようにアンモニアとNO2がほとんど検出されなくなった状態が、水槽の水が出来上がった状態と言えます。
    この状態になったからと言って、一気に大量の魚を加えていいとは言えません。一気に大量に魚を加えると、またアンモニアが急激に上がり、毒性が出てしまう危険性があります。
    徐々に魚を増やしながら、水質を測定し続けることで、安全に水槽内の魚の数を増やしていくことができます。水槽内に入れることができる魚の数は水槽の大きさや濾過槽の大きさに依存します。これは下で書きます。

    2.最適な水質環境にあるかどうかを確かめる
    上の最後にも書きましたが、水槽内に入れることができる魚の数は、水槽の大きさや濾過槽の大きさ、水草の数などによって異なります。その水槽に最適な魚の数を、水質を測定することで知ることができます。
    具体的には、水槽に最適な魚の数である場合は、アンモニアおよびNO2はほぼ0、NO3は若干(0〜50mg/l以下)検出される状態になります。
    もしこの値から外れている場合は、魚の数を減らすことや、水槽を大きくすること、濾過槽を増やすことなどが必要であると考えられます。
    また、pHやGH(総硬度)、KH(炭酸塩硬度)を測定することでも、魚や水草にとっていい環境であるかどうかを確認することができます(詳しくはそれぞれの試薬の商品ページの解説もご参照ください)。
    このように立ち上げ後にも、現在のご自身の水槽の水質環境が最適なものであるかどうかを科学的な値から確認することができます。

    3.不測の事態が起こった場合(病気が発生した場合など)に原因を考える手助けとなる
    実はこの3つ目の重要度は高いと考えているのですが、3つ目としては、水槽内で魚に病気が発生した場合や、よくわからないが魚が連続的に死に始めてしまったとき、水草の調子が悪いとき、などにその原因となっている要因を知ることの手助けになるかもしれないということです。
    そのためには普段からある一定の間隔(例えば週1回、安定している時でも最低月1回程度)で水質を測定する必要があります。
    不測の事態に陥った時、普段から水質を測定したデータがあれば、以前と何が変わったのかを知ることで、要因を知る手がかりをつかむことができる場合が少なからずあると考えられます。
    もちろん水質だけで全ての原因を知ることはできないかもしれません。しかし、経験と共に、科学的なデータが合わさることで、初めて明らかにされるものもあると信じています。
    そのためにも、水槽の立ち上げ時に水質を調べることはもちろんですが、それ以外にも普段から時々はご自身の水質を健康チェックのように確認しておくことも必要ではないでしょうか。
    魚たちや水草を守ることができるのは飼い主(育て主)である皆さんにしかできないことです。それらのためにできることはやっておいてあげることを推奨いたします。

    一番上に戻る

    _



    Q2:試薬に使用期限はありますか?

    厳密な期限はありません。
    というのも、試薬の保管状況(温度や光が当たる環境かどうかなど)で使用可能な期間が異なるからです。他社製品でも使用期限が書いていないのはそのような理由によるものかと推測されます。
    目安として、一般的な保存環境(室温下で箱内に遮光して保存している場合)の元では1年程度は使用可能であることは確認しています。
    ただし、硝酸塩測定キット(NO3 assay kit)の試薬Bはやや劣化が早く、約半年程度でだいぶ活性が落ちてしまうことが明らかにされています。
    ですので、おおよそ半年〜1年程度のうちに使い切ることをおすすめします。古い試薬では正確な値が測定されない可能性がありますので、その程度の期間が経過後は新しい試薬をご購入いただくことを推奨いたします。
    ちなみに、試薬は冷蔵保存した方が長持ちします(もちろん必須ではありません)。また、光に弱いものもありますので、直射日光が避けられる環境下で保存していただけますようお願いいたします。

    一番上に戻る

    _



    Q3:色の判別の仕方で一番いい方法はなんですか?

    最新型の色を判定するキット類(pH, NO2, NO3)に付属の色見本紙には左側に試験管の絵が書いている空白部分があります。色判定をする場合は色が付いた液体の入っている試験管をその色見本紙の試験管の絵が描かれた部分に約3cmほど離してかざし、光が当たる室内で色を判定していただくのが最も理想的な条件下になります。
    試験管を直接照明にかざしますと色見本紙に示している色よりも明るく見えてしまいますので、直接試験管を光にかざさず、色見本紙を背景にして見ることをお奨めします。
    ただし、微妙な違い(値で0.2程度の範囲など)を確実に判定するのは難しいので、ある程度はおおよその値になります。
    極力正確な値が知りたい場合は、比較対象サンプル(リファレンス)として水道水も同時に測定することをおすすめします。特に亜硝酸や硝酸などは水道水と比較することで水槽内の水にどの程度それらの物質が入っているかがわかりやすくなります。
    また、測定はある程度継続的に(通常水槽では週に1回程度、水槽立ち上げ時は数日おきなど)続けることで、前回との差がわかりやすくなります。水質測定においては特に時間経過での変化が重要であると考えられます。

    一番上に戻る

    _



    Q4:海水や水槽以外の水も測定することができますか?

    当店の試薬は淡水水槽の測定を基準に製作されています。
    したがいまして、淡水水槽以外の水の測定は保証対象外とさせていただきます。
    ただ、それ以外のものが測定不可能ということではございません。海水水槽の場合は、炭酸塩硬度測定キット(KH assay kit)、亜硝酸塩測定キット(NO2 assay kit)、硝酸塩測定キット(NO3 assay kit)は普通に使用できると考えられます(数回は測定して測定自体はできることを確認しています)。ただし、当店で継続的に測定値が正しいかを確認するテスト環境がありませんので、上記のように海水水槽の水は保証対象外とさせていただいています。また、海水ではpH測定キット(pH assay kit)、総硬度測定キット(GH assay kit)は測定可能範囲外となり、この2種は使えませんのでお気をつけください。
    淡水であれば、他の液体でも使用には問題ないと思われますが(例えば川の水など)、予想されない不純物などが混入していると測定値が異なる可能性が捨てきれませんので、やはり淡水水槽以外では保証対象外とさせていただきますことをご了承ください。

    一番上に戻る

    _


    Q5:pH測定試薬が試薬を入れた後、時間が経ったら色が変わったのですが、
    どの段階での測定結果が正しいのですか?

    pH測定試薬は試薬を入れてすぐ(数秒後〜数分後まで)の値が正しい値となります。
    おおよそ数時間放置すると色が多少変わる場合があります。これは水中の酸素あるいは二酸化炭素が抜けたことが要因と考えられます。
    測定は数分以内に終了してくださるようお願い致します。

    一番上に戻る

    _



    Q6:GH assay kitとKH assay kitの試薬B液は最初の1滴目から数えるのですか?

    はい、数えます。
    例えば、最初の1滴目を含めて4滴入れた時に色が変わったとしたらGHまたはKHは4ということになります。

    一番上に戻る

    _


    Q7:GH assay kitまたはKH assay kitの試薬Bを入れた1滴目で色が変わったの
    ですが、この時のGHまたはKHの値はいくつになりますか?

    最初の1滴目で既に色が変わった場合のGHまたはKHの値は1以下(0〜1の間)ということになります。

    一番上に戻る

    _


    Q8:NO3(硝酸塩)測定試薬が時間が経ったら色が変わったのですが、
    どの段階の結果が正しいのですか?

    NO3(硝酸塩)測定試薬は試薬を入れてから30分後の値が色見本紙と比較して正しい値となります。
    それ以降もNO3が少しでも含まれる場合は、試薬を入れた溶液の色が徐々に赤く変化していきます。
    測定はできるだけ30分後に近い時間でおこなってくださるようお願い致します。

    一番上に戻る

    _



    Q9:NO3(硝酸塩)測定試薬でNO2(亜硝酸塩)も測定できるそうですが、
    その方法を教えてもらえますか?

    NO3測定試薬のうちA液を2滴、C液を5滴のみ加えることでNO2の測定ができます(B液を入れないとNO2の測定ができます)。
    測定結果の見方については、NO3の色見本紙の下段に書かれている値がNO2の値となります。
    NO2の値を測定する場合は、NO2試薬キットと同じく、約1分後の値が測定結果となります。
    NO2測定を行った1分後に、そこにB液を5滴加えることでそのまま継続してNO3の値も同時に測定することができます。
    NO3測定の場合はそのまま30分置いておいた後の色が測定結果となります。
    NO2の測定結果が0mg/lでなかった場合は、NO3の結果からNO2の分を引く必要があります。例えば、NO2の測定結果が色見本紙の左から2番目(0.6mg/l)であった場合は、そこに対応するNO3の値(10mg/l)を引きます。つまり、NO3が40mg/lの値を示す部分の色であった時は、NO3のみの値は40mg/l - 10mg/l = 30mg/lであるということになります。

    一番上に戻る

    _



    Q10:試薬が手についてしまったのですが、問題ないですか?

    当店の試薬類には毒性の高いものは使われていないので直接触れた程度では健康上の被害が出ることはまずないと考えられますが、念のため手に付いた場合はよく洗ってください。
    万が一、その後なんらかの問題が発生した場合は医師にご相談ください。またその場合、当店へご連絡いただけましたら試薬内の化学物質について情報をお伝えさせていただきます。
    もし目に入ってしまった場合はすぐによく目を洗ってください。一方、もし飲み込んでしまった場合は大量の水を飲んでください。その後なんらかの問題が発生した場合は同じく医師にご相談ください。
    また、保管時には小さなお子様の手の届かない場所に保管していただけますようお願いいたします。

    一番上に戻る

    _



    Q11:試薬の中身の詳細を教えてもらうことはできますか?

    基本的には企業秘密となりますので、内容物の詳細をお伝えすることはできませんのでご了承ください。
    ただし、上記Q10のように、何らかの必要性が生じた場合はお伝えさせていただきます。
    また、例えば、お子さんの自由研究に使用したいので、仕組みを教えてほしい、というような際などには、臨機応変に対応させていただきますのでお気軽にご相談ください。

    一番上に戻る

    _



    Q12:factory style aqua製のOFPを修理することはできますか?

    修理可能な破損の場合は可能です。
    代表的な修理可能なものとしては、ゴム部分の脱落などがあります。
    修理する場合はfactory style aquaさんの方に送っていただくことになります。
    まずは修理が可能かどうかをfactory style aquaさんの方へメールでお尋ねください。
    メールアドレスはinfoアットマークfactorystyleaqua.comになります(実際には@マークに変換してください)。
    factory style aquaさんの方で修理可能とご連絡をいただいた場合は、メールでお聞きしたご住所へ破損品を発送していただくことになります。
    修理代金に関してですが、初回時は無料になります(発送・返送の際の送料のみはご負担ください)。
    2回目以降の修理は通常980円(送料は別途)とさせていただいております。(詳細はfactory style aquaさんの方へお尋ねくださいますようお願いいたします。)

    一番上に戻る

    _



    Q13:新商品(アンモニア測定試薬など)の販売予定はありますか?

    有用な新商品はできるだけ販売していきたいと考えておりますが、現状は生産が追いつかない状況が続いておりますので、新商品の販売時期を確約することはできませんのでご了承ください。
    よく尋ねられるアンモニア試薬に関してもいずれは製作したいと考えておりますが、いつになるかはわからない状況です。開発時間が取れる余裕ができましたらぜひ製作したいと思っております。

    一番上に戻る

    _



    Q14:在庫切れと表示されますが販売再開の予定はいつですか?

    「在庫切れ」と表示される商品につきましては、一般的に1〜2週間以内に補充される場合がほとんどとなっております。
    在庫切れと表示される商品は販売中止のものではありませんので、お手数おかけいたしますが、またしばらく後でWEBページを時々ご確認いただきますようよろしくお願いいたします。
    なお、予約はおこなっておりませんので何卒ご了承ください。
    どうしても早く欲しい場合や販売開始時期をお知りになりたい場合は「お問い合わせページ」からお問い合わせください。

    一番上に戻る

    _



    Q15:単品売りされていない試薬を個別に売ってもらえますか?

    申し訳ありませんが、通常販売している個々のもの以外に関してはバラ売り等はできませんのでご了承ください。
    細かいバラ売りをおこないますと、個別の箱等を用意する必要性や保管場所、保存期間などの問題が生じますのでご理解いただけますようお願いいたします。
    試薬キット内の複数ある試薬のうち特定の試薬が余ってしまう場合がありますが、できるだけコストパフォーマンスに優れるように充分量試薬を入れさせていただいていることや、試薬はできるだけ新鮮なものをご使用いただいた方が正確な測定結果が得られることからも、そのような場合は新規にご購入いただけますよう何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

    一番上に戻る

    _



    Q16:送料はいくつ買っても同じなのですか?

    宅配便は、5,000円未満は規定の料金、5,000円以上のお買い上げで全国一律500円、定形外の場合は全国一律280円となります。
    たくさんご購入いただいた場合に、実際には送料が多くかかってしまう場合がありますが、その場合の不足分の送料は当店の方で負担させていただきます。
    定形外郵便での発送が可能な商品の場合も、3個までは一律280円で発送させていただいておりますが、こちらに関しても不足分の送料は当店の方で負担させていただいております。まれに発送にかかる送料が一律料金よりお安い場合もありますが、その際は梱包費とお考えいただき一律料金でご了承ください。実際には当店で送料分をある程度余分に負担している場合がほとんどとなっております。
    送料に関しての詳しい情報は別途「送料・配送日」のページをご参照いただけますようお願いいたします。

    一番上に戻る

    _



    Q17:直接手渡しで受け取ることは可能ですか?

    申し訳ありませんが、全て郵送での対応とさせていただいております。

    一番上に戻る

    _



    Q18:荷物の到着日指定はできますか?

    振込確認の日数などを考慮に入れて、ある程度の日数に余裕がある場合(ご注文から2〜3日程度以降)でしたら、ご指定の日に到着するようにさせていただくことも可能です。
    ご希望の到着日がある場合は、ご注文時の入力画面にコメント欄がありますので、そちらの方にご指定の日時をご記入ください。
    特に指定がない場合は、通常、お振込確認の翌日、代引きの場合はご注文の翌日(ただし土日を含む場合は翌月曜日)に発送させていただいております。
    時間指定欄もご注文時の入力画面にありますので、時間指定がある場合はそちらで選択指定してくださいますようお願いいたします。

    一番上に戻る

    _



    Q19:領収書を付けてもらうことはできますか?

    全てのご注文品に関して、発送時に納品書と領収書(納品書の下部分に付属)を添付して発送させていただいております。

    一番上に戻る

    _



    Q20:まとめて多数購入したら割引はありますか?

    基本的には通常販売時でもできる限りお安くご提供させていただいておりますので割引は難しいのですが、同一商品を10個以上ご購入いただけるような場合にはご相談いただければ対応させていただける場合もあるかもしれません。
    ご注文時のコメント欄、あるいはご注文前に「お問い合わせページ」よりお問い合わせください。
    ただし、全ての場合に割引に対応できるかの保証は致しかねますので予めご了承ください。

    一番上に戻る

    _



    Q21:購入前または購入後にポイント会員になることはできますか?

    ポイント会員への登録はご注文時(ご注文時のレジを進んだ先の入力画面にポイント会員への加入の有無を入力するところがあります)のみとなっております。
    ポイント会員登録時にパスワードの設定などがあり、当店ではそれを入力することができませんので、ご了承ください。
    以前ポイント会員に加入していただいた方で、買い物時に会員情報を入力し忘れて普通にご購入してしまい、後からポイントを付加したいという場合にはその分のポイントを後から追加することはできますので、「お問い合わせページ」からご相談ください。

    一番上に戻る

    _



    Q22:ポイント会員のIDとパスワードを忘れたのですが教えてもらえますか?

    ご登録いただいたメールアドレスがわかる場合には「こちらのページ」の「パスワードを忘れた方はこちら」より参照可能です。
    もし登録時のメールアドレスがわからなくなってしまった際には「お問い合わせページ」からお問い合わせください。
    ただし、その場合は、ご氏名、住所、電話番号等も同時にお伝えくださいますようお願い致します。

    一番上に戻る

    _



    Q23:アクア関連の販売業者なのですが、卸売りはしてもらえますか?

    申し訳ありませんが、現在は生産が追いつかない状況ですので、新規の卸売りはお断りさせていただいております。何卒ご了承ください。

    一番上に戻る

    _



    Q24:白衣娘について教えてください。

    白衣娘(はくいむすめ)はaquamind laboratory研究室の助手を勤めている女の子で、これでも18歳です。
    日々、水質について研究している好奇心旺盛なアクアリストです。
    当初はもうちょっと長身のキャラの予定でしたが、気付いたら3頭身になってました。
    好きな水草はキューバパール、好きなお魚はアベニーパファ、好きな食べ物はシュークリームです。
    これからも活躍していくと思いますので、よろしくお願いします。

    一番上に戻る